印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アップルVS. グーグル、“ハード+ソフト”の戦いの行方



 「グーグルがホーム・エンターテイメント機器を展開するらしい……」との報道がされて、米国ではちょっとした話題になっている。

 クラウド型ストレージ・サービス「ドライブ(Drive)」の近々の導入が報道されたのがつい先日。最近のグーグルはサービス/事業拡張に忙しい。いや、グーグルという会社はそもそも「新しいアイデアを次々と試験運転しては、定着しないものをどんどん切り捨てていく」というベータ的メンタリティの会社ではあったのだが……。しかし近年では、それがオリジナルな「ネット広告ビジネス」のモデルからの離脱を示唆するものであるからか、特に目立ってみえる。

 「2011年8月に発表されたグーグルによるモトローラの買収を、どうやら近日中に米司法省が正式に認可するらしい」という報道があったのが2月10日。発表当時、「グーグルがついに(携帯/スマートフォンの)『ものづくり』に進出!」ということで大いに業界はわいた。

 そして今度は、グーグル・ブランドのホーム・エンターテイメント機器の開発/販売に乗り出すという。今までAndroidというOSの開発に徹し、スマートフォン、タブレット、あるいはテレビ機器メーカーにそれを「使わせる」という形をとってきたが、ここにきて「ソフト→ハード」、いや「ソフト+ハード」への大胆な飛躍に乗り出すというわけだ。

 ご存じのように、グーグルやFacebookのようにいわば「システム開発」に徹するテック企業の強みはその利ざやの高さにある。「ものづくり」に手を出すと、当然のごとく利ざやは犠牲にされるので、グーグルのこの動きに対して警告を発しているアナリストも少なくはない。

 「ソフト」と「ハード」をパッケージ化したサービスの展開でビジネス・モデルの大転換を試み、飛躍的な成功を収めた企業といえばあのアップルである。アップルはもともとはPCの開発・製造を手がける「ハード」の会社であったが、コンシューマー・エンターテインメント・デバイスであるiPod(ハード)を導入した際に、それにあわせてデジタル・エンターテインメント・マネジメント・システムであるiTunes(ソフト)を世に紹介し、また流通の仕組みであるiTunesストアまで作ってしまったことで、生活者のデジタル・エンターテインメント・ライフを一手に引き受けるソリューション・プロバイダーとしての地位を固いものとした。

 そして、「iPodというハード」を管理するには「iTunesというソフト」が必要という排他的構造を作り出すことで、供給から消費までのプロセスをコントロールしたことが、アップルのさらなる成功につながったことは言うまでもない。さらに、今日ではiTunesは、iPodだけではなくiPhoneやiPadなど他のデバイスのマネジメント・ソフトとしても確立されている。

●アマゾンやFacebookを巻き込む戦いにも

 業界情報筋の噂によれば、ホーム・エンターテイメント機器の中でもグーグルが初めにフォーカスを置くのはオーディオ機器であるらしい。つまり、グーグルのクラウド型ミュージック・サービスから、家庭のワイヤレス・ネットワークを通じてグーグル・ブランドのオーディオ機器に音楽をストリーミングする。スマートフォンやタブレットなどAndroid搭載の携帯端末がリモコンの役割を果たすとも言われているが、詳細はまだ定かではない。

 これが、アップルの成功を模倣する試みであることは誰の目にも明らかだ。現在、グーグルとアップルはあらゆる市場でぶつかっている。2011年からグーグルが手を染め始めたデジタル・コンテンツ・サービス(ミュージック、映画、電子書籍)、そして先に触れたモトローラの買収により、スマートフォンの市場でもいずれは衝突することになる。もちろん、これらの分野においてはグーグルはまったくの新参者であり、今のところアップルに圧倒的な軍配があがっている。

 「ソフト+ハード」のビジネス・モデルでアップルとグーグルの一騎打ち、ということになるが、不気味なのはアマゾンの存在だ。ハード面からいえば、アマゾンは2011年末のキンドル・ファイヤーのリリースによってデジタル・エンターテインメント・デバイスの市場に勢いよく討って出た。ソフト面では、電子書籍流通では押しも押されもせぬドミナント・プレイヤーであるキンドル・ストアを持ち、デジタル・ミュージックや動画など他のコンテンツ・サービスのプッシュにも余念がない。

 テック(デジタル)ビジネスに聖域はない。誰もが隣人の縄張りに今日にでも踏み込んでいける世の中だ。第2四半期に上場を控えるFacebookも、生活者/インフラ/パートナーシップの3つの点から、デジタル・エンターテインメントの主要プレイヤーになれる潜在性を十分秘めている。米国デジタル・エンターテインメント業界は、今後、アップルとグーグルの一騎打ち、ならぬ三つ巴、四つ巴の戦場になっていくのだろうか。(石塚しのぶ)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120214-00000020-zdn_mkt-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。