印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東芝が電子書籍に本格参入、2万2000円の7型カラー液晶端末発売



 東芝は2012年1月26日、電子書籍端末「BookPlace(ブックプレイス) DB50」を2月10日に発売すると発表した。価格は2万2000円前後の見込み。ソニー、パナソニック、シャープなどが既に電子書籍端末を発売しているが、国内メーカー製としては低価格な専用端末を投入して電子書籍市場に本格参入する。米アマゾンやアップルなどの海外勢の国内参入も予想されており、同市場の競争が激化しそうだ。
【詳細画像または表】
 昨年4月にAndroidタブレットやパソコン向けに電子書籍を販売する「BookPlaceストア」を立ち上げ、コンテンツの拡充に努めてきた。同ストアは凸版印刷グループのBookLive! がコンテンツを提供しており、2012年1月時点で5万冊まで取り扱う本の種類を増やしてきた。今年度末に10万冊まで拡大する予定だ。BookPlace DB50は、BookPlaceストアからコンテンツをダウンロードして利用する。

 7型カラー液晶を搭載し、書籍だけでなくカラーの雑誌も閲覧できる。Linuxをベースにした独自のOSで、電子書籍に特化したタブレット型の端末だ。画面下の「ホームボタン」を押すと、どの画面を表示していてもトップ画面(ホーム)である書棚に戻れる。上部の「コンティニューボタン」を押すと、直前まで読みかけたページをすぐに呼び出せるなど。1つ前のページに戻れる「バックボタン」などもある。独自の音声合成技術を用いた音声読み上げ機能も備え、画面を見なくても読書できる。

 記憶容量は8GB。小説なら約6000冊、コミックなら約150巻保存して持ち歩ける。重さは約330g、厚さは11mm。バッテリー駆動時間は最大約7.5時間。無線LANを搭載しているのでインターネットやメールも利用できる。購入者特典としてBookPlaceストアで利用できる5000円分のポイントを付ける。

電子書籍の認知度を高めるための専用機

 東芝デジタルプロダクツ&サービス社のデジタルプロダクツ&サービス第一事業部の長嶋忠浩事業部長は、電子書籍の普及拡大のポイントとして、コンテンツの数量、端末の価格、使いやすさと読みやすさの3点をあげる。

 BookPlace DB50は、7型のカラー液晶とインターネット閲覧に対応しながら2万2000円前後という安さが特徴だ。「5000円分のポイントが付くので実質1万7000円前後」と価格には自信を見せる。使い勝手では、電子書籍に特化した操作系とユーザーインターフェースで汎用端末よりも読書しやすいように配慮した。同じ7型のカラー液晶を搭載する汎用タブレットより軽量なのも特徴だ。コンテンツ数は年度末までに大手書店並みの10万冊をそろえる予定だ。

 スマートフォンや汎用タブレットに比べると、電子書籍専用の端末の市場での存在感は低い。長嶋氏も中長期的には汎用タブレットの方が市場は伸びると見ているが、「一般層の認知度を高めるために今は専用機が大切になる」と電子書籍に特化したBookPlace DB50が重要であるとした。2015年にBookLive!の会員数を150万人、端末とコンテンツを合わせた売り上げ400億円を目指す。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120127-00000007-trendy-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。