印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

机を整理すると仕事で成果が出るワケ



 ITやエレクトロニクスを専門とするライターが、独自の視点で「整理術」を紹介します。
【詳細画像または表】
 「整理術」に関する本が書店に数多く並んでいるのは、多くのビジネスパーソンが仕事の環境や膨大な情報をきちんとしたいと考えながらも、整理できずに悩んでいることを示しています。かく言う私も机の周りを整理するのが苦手で、本や書類が散らかった机でいつも仕事をしています。今回は、自分にも“響く”整理術を探して、この本を選んでみました。

 前半はさまざまな工夫で整理を実践する達人10数人の仕事環境が、整理のヒントといっしょに紹介されています。写真を見ると「すごいなあ。こういうところで仕事をしたいな」とは思いますが、「実践は大変だろうなあ」と、あたかもモデルルームのチラシを眺めるような感覚に陥って、結局は他人事感覚で読み終わってしまいました。

 しかしその次の章は、ずぼらな私も「整理してみようか」という気にさせてくれます。散らかった仕事場を持つ編集プロダクションの社長が、1カ月に渡って「かたづけ士」からみっちり指導を受けるドキュメント。これは、「タイプ分析」「目標設定」など、ゴールに据えた理想的とする環境までステップを踏みながら整理を進めていくものです。特にどこに何を置くかを示す「エリアマップ」を手書きすることや、3週間にわたる立案と進捗管理を行うことなどは、まるでビジネスのプロセスのようで、ちょっと実践してみたくなってきました。

 整理の対象は仕事場だけではありません。カバンについてもポリシーを持って整理している3人の事例が紹介されています。特にユニークなのは慶応大学の松村太郎氏で、ノートや筆記具など常に使う道具を入れた小さめの「基本カバン」と、その日の仕事内容に応じたカバンの2つを持ち歩くという手法を紹介しています。「大は小を兼ねる」方式では、普段の持ち物が意味なく増える原因になるというのです。一つのカバンにすべてを入れるのは、実は整理の妨げとも言えるようです。

目的とルールがあれば山積みでもOK

 もちろん細かい整理のテクニックも豊富です。書類や本の整理には一種のセオリーがありますが、本書はセオリーに縛られず、仕事を効率的に進めるという大きな目的のために必要で、現実的な手法を紹介しているのが特徴です。

 例えば、書類はスペースを抑えるために一般的には立てて保管すべきと言われています。しかし本書には、あえて書類を机の上に平置きする達人のケースも登場します。ただし単に積み重ねるのではなく、緊急性の高いものを選んでファイルフォルダーに入れて、積み重ねておきます。達人はファイルの厚みで、仕事量を「見える化」しているのです。

 イラストなどで忙しい人を表現するときに、机の上に書類が山積みになっている状態が描かれることがあります。忙しさのあまり整理できていない状態とも読めますが、ちゃんとした目的とルールがあるのなら、書類は平置きで山積みしても整理できるというわけです。

 その他に本書では、整理することが「右脳」の活性化につながると指摘する脳神経学者の意見を紹介しています。新しい発想を生み出す右脳の活性化には、空間をうまく使って三次元的にモノの置き場を考えるような行動が効果的というのです。整理することで右脳を働かせ、結果的に新しいアイデアが生まれるようになれば、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

 冒頭のインタビュー記事では、情報を取り込む間口を広くし、そこから多彩なアウトプットを生みだしたいと考えるのなら、情報を取り込む時に取捨選択することが重要と指摘しています。その取捨選択に相当するのが整理術というわけです。単に見た目の問題ではなく、仕事の成果を上げたいというビジネスパーソンの本能的な欲求を満たすものであることが分かれば、整理の重要性に気づく方は多いのではないでしょうか。私ももう一度、整理に取り組んでみたいと思います。

* * * * * * * * * * * * * * * * * 

【著者紹介】松尾康徳
ITやエレクトロニクスをフィールドとするフリーライター。また教育情報化プロデューサーとして、電子教科書の導入など教育現場の情報化にも携わる。

*「日経BPnet・電子書籍セレクト」より



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120124-00000001-woman-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。