印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローソン、全国の店舗で無線LANサービス開始へ



 ローソンは29日、KDDIと業務提携し、全国約9000店で4月末までに無線LAN「LAWSON Wi−Fi(ローソン ワイファイ)」を導入すると発表した。同社で利用できる共通ポイントカード「Ponta(ポンタ)」の会員に、来店時にスマートフォン(高機能携帯)でインターネットを無料、時間制限なしで利用できるサービスを提供する。来店客限定のアプリケーションやクーポンの配信も行い、ポンタ会員の獲得、来店頻度の増加をねらう。

 スマートフォンにローソンのアプリケーション「ローソンアプリ」を取り込み、ポンタの会員IDを登録すれば利用できる。通常のネット利用ができるほか、店頭限定の音楽や映画、電子書籍、ゲームなどの無料コンテンツを取り込むことが可能。

 ポンタには性別や年齢、過去の購買履歴などのデータが蓄積されており、各会員の好みに合うと予測される商品・サービス情報や割引クーポンが配信される。災害時もネットに接続しやすい環境を提供できることも利点となる。

 同社は顧客の囲い込み、購買データに基づく効率的な商品開発、構成につながる会員の増加に向けた取り組みを強化しており、新サービスの開始で加速させたい考え。会員数は現在、利用者全体の約40%を占める約4000万人で、これを「早期に5割以上に引き上げることを目指している」(玉塚元一副社長)。

 コンビニエンスストアでは、セブン−イレブン・ジャパンがNTT東日本の光ブロードバンドサービスを利用した無線LAN「7SPOT(セブンスポット)」を東京23区内の約1100店で導入、順次拡大している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000565-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。