印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リクルート、電子チラシ配信事業から撤退 収入モデル構築できず 



 リクルートは今月16日で電子チラシの配信を終了し、同事業から撤退する。昨年6月末の開始からまだ9カ月目だが、収益モデルが構築できず、中止を決めた。この種の配信サービスは以前から難しいと指摘されており、ネットビジネス上手のリクルートでも、一筋縄ではいかなかったようだ。

 チラシ配信は、スーパーなどの小売店、学習塾などや各種サービス店舗の折り込みチラシをインターネットで配信するサービス。主に登録会員制で、メルマガなどにより専用サイトに誘導してチラシを閲覧してもらう仕組み。無数の地場企業を相手に広域サービスを展開するので、ビジネス的には難しいとされてきた。

 凸版印刷の「shufoo!」と大日本印刷の「オリコミーオ!」がともに2001年に事業化し、先行している。さらに携帯電話専用にニフティが展開するなど、複数の会社が参入している。

 ここにリクルートが昨年、割って入った。2008年からの前身のサービスを経て、昨年6月末から「チラシ部!」を開始した。再スタートに当たり、情報誌感覚の前サービスをチラシ配信に特化し、原則無料でチラシを配信して付加価値部分での収入確保を図った。

 後発ながら1年足らずで120万人の登録会員を集めた。最大手とされる凸版印刷は10年で「ユニークユーザーが355万人」なので、遜色はなさそう。

 だが「無料配信」が誤算だった。リクルートは「無料で配信した後に、クーポン券の配信やキャンペーン実施などで収入を得ようとしたが、なかなか後につながらなかった」という。

 これに対し、凸版印刷は、最初からチラシの配信料金をもらう方式だ。「そこでなんとか収入を確保している。まだ安定黒字とは言いがたい」(メディア事業開発本部)という。閲覧できるチラシの数の開きやサービスの差もあった。

 しかし、電子チラシ配信を取り巻く最近の環境変化への期待も大きい。スマートフォンやタブレット端末の台頭、電子書籍や電子新聞の普及などだ。そのせいか、凸版印刷は「TOKYO MX」への配信でタイアップ。大日本印刷は紙のチラシ製作と電子チラシ配信を統合したサービスを始めた。既存事業者による「宝の山」を探す動きはまだ続きそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120309-00000536-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。