印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

情報収集に役立つiPhoneアプリは? まつもとあつしさんに聞く



 ビジネスパーソンにお薦めのアプリを紹介していく連載も今回で第5回。これまでの傾向を見ると、わりと大衆受けしている、スマートフォンユーザーならば入れておいて損はないであろうアプリを多めに紹介してきた。今回、まつもとあつしさんにピックアップしてもらったiPhoneアプリは、スマートフォンを活用して効率よく情報収集をしたいと考えているユーザーに特にお薦めのものとなっている。
【他の画像】
 まつもとさんは、誠 Biz.IDでも何度か記事を掲載しているフリージャーナリストだ。スマートフォンをはじめ、電子書籍やクラウドサービスなど、さまざまな分野の取材をしている。取材・執筆活動と並行して、東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアについても研究中だ。近著は3月9日に発売した『できるポケット+ Gmail 改訂版』(インプレスジャパン)。

表:まつもとさんオススメiPhoneアプリ一覧(http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1203/13/news007.html)

 使用端末は「iPhone 4」。タブレットも電子書籍の閲覧用などに「iPad」や「GALAXY Tab SC-01C」(サムスン電子製のAndroid端末)を所持しているが、7インチの画面サイズがちょうどいいという理由でGALAXY Tabをメインに持ち歩いている。

 以下、まつもとさんお薦めのiPhoneアプリを順番に紹介していこう。フリーランスという仕事柄、外出中にも役立つアプリもいくつか挙げてもらった。また、移動で自転車に乗る機会が多いとのことで、走行距離が分かったり数時間後の天気を調べられるアプリなども含んでいる。

●(1)Reeder[250円]——情報の入り口

 Googleリーダーと連係するRSSリーダーアプリ。デザインがシンプルでTwitterをはじめとするSNS系外部サービスとの共有機能が充実している点が特徴。登録したRSSフィードから記事を読んだり、チェックして(スターを付けて)後で読む設定ができる。

 「朝はRSSリーダーのチェックから始まる」というほど、情報チェックは欠かさないまつもとさん。Googleアラートやはてなブックマークのユーザー経由で面白いと思ったサイトを次々とRSS登録。「つまらないなと思ったら削除して、大抵100件前後を保っている」。Reederでチェックして広く共有したい場合にはTwitterに、自分用のメモとして残したい場合にはEvernoteに、顔見知りの友人に共有したい場合にはFacebookに、というようにReederを入り口として、範囲を意識しながら情報発信している。

●(2)HBFav[無料]——お気に入りキュレーターの記事をチェック

 お気に入り登録した「はてなブックマーク」ユーザーのブックマークをタイムライン形式で確認できるアプリ。元はてなCTOで現グリーの伊藤直也さんが開発したことでも知られている。

 はてなブックマークのコメントをよくチェックするというまつもとさんは、自分と同じ記事をブックマークしていてかつ興味深いコメントをしている人をお気に入り登録。その人がブックマークした他の記事のサイトをRSS登録する、という形で、いわゆるポータルサイトのランキングには入っていないが、とんがっている話題、とがったものの見方をしている人を見つけているという。「同じ記事に対する反応でもTwitterとはてなブックマークでは異なる視点で見られる。Twitterで投稿した記事は自動でブックマークする設定なので、後からその話題と反応を振り返るという使い方もしている」

●(3)Gmail[無料]——iPhoneメールの不満を一気に解消

 Gmailの公式アプリ。iPhoneでもアカウント設定をすれば標準のメールアプリでGmailを使えるが、ラベル表示やスレッド表示に対応していないなど、Web版のGmailの機能をフルに使うことができない。

 このアプリであれば、メールアドレスとパスワードさえ入力すれば、Androidの標準搭載のGmailアプリと同じようにサーバ上のGmailにアクセスができる。「リリース当初は不安定な動作もあったが、現在ではiPhoneでのメールチェックが格段に快適になった」

 まつもとさんが近著で解説しているように、従来PCだけでできるアーカイブ、ラベル、スター、削除などもアプリで行え、一度同期すれば添付ファイルも含み全てのメールがスマートフォンでも検索対象となる。まつもとさんのようにGmailを使う機会の多い人は入れておいて損はないアプリだろう。

●(4)ポメラQRコードリーダー[無料]——書き上げた原稿をさっと送信

 デジタルメモ「ポメラ」で生成したQRコードを読み取り、テキスト内容をEvernoteやTwitterに送信できるアプリ。読み取ったデータはクリップボードにコピーするので、メモ帳など他のアプリに貼り付けることも可能だ。

 ポメラはタイピングに特化した機器。取材内容をその場で原稿にする機会の多いまつもとさんは、記事の全文ほとんどをポメラで執筆することもある。特にこのアプリがあることで、記者説明会などで急いで記事化し、iPhoneを経由して外部に送れる点が便利だという。初代機「DM10」からのポメラユーザーで、本記事の取材日も最もお気に入りモデルと評価する最新機「DM100」を使用していた。

●(5)DocScanner[350円]——複数ページのPDFファイルも作れる

 書類や写真などを撮影してスキャンできるアプリ。OCR(光学式文字認識)機能を搭載しており、少し斜めから撮影してしまった場合などでも自動補正する。輝度やコントラストを調整して、より鮮明な状態で保存することも可能だ。保存形式はPDFまたはJPG。今持っている書類などを手軽にスキャンしたいなどの用途に向いている。

 手書きメモを撮影して管理できるアプリは、他にも「SHOTNOTE(ショットノート)」や「CamiApp」などがある。まつもとさんはSHOTNOTEを発売当初に購入して使ったことでiPhoneのカメラで書類を撮影する良さに気付いたという。DocScannerを使い始めたきっかけはSHOTNOTE以外のメモや資料もスキャンしてみようと思ったからで、DocScannerは自動トリミングとコントラスト、傾き調整が容易な点がいいのだという。「専用のノートでなくとも、例えば発表会で配布された資料や、ファミレスで紙ナプキンにメモしたような内容でもスキャンできるのが利点」とも話していた。

●(6)FastEver[170円]——Evernoteに素早くメモが取れる

 Evernoteへの投稿が素早くできるアプリ。起動時に自動で同期を取ったりせず、またオフライン時の投稿もオンライン復帰後に自動投稿するので、「待つ」というストレスがない。

 Evernoteの有料会員で容量を気にせずに多くのデータをアップロードするまつもとさんにとって、さっとメモを投稿できるのは大きなポイント。ただ投稿しただけの場合にはFastEverで事足りるというわけだ。

●(7)netprint[無料]——どうしても出先で印刷したい時に便利

 iPhone本体に保存している画像やテキストデータなどを、セブン-イレブンに設置してある複合機で印刷可能とするアプリ。2011年末のバージョンアップで、Evernoteにアップロードしているデータも印刷対象となった。アプリで印刷したいデータを指定してあらかじめ予約番号を取得し、その番号をセブン-イレブンで入力することで印刷ができる。

 まつもとさんは事務所のA4カラーレーザープリンタで出力できないA3サイズを印刷したい場合にも利用しているという。またどうしても出先で印刷したい用途が発生した場合でも、netprintでできるので便利だと話していた。

●(8)RunKeeper[無料]——運動の履歴を残せる

 GPS情報を基に、自分が走行した距離や経路を管理できるアプリ。ランニング、サイクリング、ウォーキングなど運動の種類によってモードを選択でき、走行時のタイムやペース、消費カロリーを知れる、健康管理にはもってこいのアプリだ。

 まつもとさんは仕事も含めほとんどの移動が自転車なので、走行中のデータを全て記録。TwitterやFacebookに投稿している。なお、このアプリを知ったきっかけも、あるTwitterユーザーのつぶやきだったそうだ。「本格的なトレーニングなどには使っていないが、自分が走行したルートなどが全て記録されているので後から見返したりしている」という。

●(9)ウェザーニュース タッチ[無料]——出掛ける前の天気予報チェックに

 気象サイト「ウェザーニュース」が提供するお天気アプリ。天気予報のほか、地震や津波、雷、台風などの情報もチェックできる。今の季節なら、桜の開花予報が分かるのもポイントだ。

 自転車で移動する機会の多いまつもとさんは、帰宅時間も考慮してこれから移動する場所の天気をチェックする用途に利用している。これから取材に行く場所、自宅など、いくつかの地域の気象情報を一覧で見れるのも便利だ。「雨雲レーダーによる予測で、安心して自転車移動ができる」と話していた。

●(10)駅.Locky(カウントダウン型時刻表)[無料]——あと何分で発車か分かる

 これから乗る予定の電車が、あと何分で発車するかをカウントダウン表示するアプリ。現在地情報から、最寄り駅を検索したりその駅で発車する各電車の時刻表をダウンロードしたりもできる。

 まつもとさんは、以前使用していたPDA端末「Palm(パーム)」で駅.Lockyと類似のアプリを使用しており、iPhoneでも似たものがないかと探していたところ発見したという。時刻表のデータがユーザーの投稿式というのがユニークで、一度ダウンロードすればローカルで使えるのもポイントだ。

[上口翔子,Business Media 誠]



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120313-00000082-zdn_b-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。