印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

辰年生まれの法人設立、バブル期が最多  売上高トップは東芝の3兆5909億円



 来年の干支である「辰年」。過去を振り返ってみると、1880年には君が代に曲が付けられ、1928年には衆議院議員総選挙で初の普通選挙が実施され、1940年には源泉徴収が始まった。今日の日本を支える制度の礎がスタートした年が多かった。

 そんな辰年に設立された法人について、東京商工リサーチが調査を行った。東京商工リサーチの企業情報(2011年11月26日時点)をもとに、設立年が確認できた法人134万6648社のうち、1880年以降に設立された法人の中から抽出し分析した。

 それによると、辰年に設立された法人数は9万7548社で、最も古かった法人は、1880年3月設立の丸善(東京都)だった。丸善は設立当時の世襲制という商慣習をやめ、会社所有と経営を分けるなど、日本初の近代的な会社といわれている。次いで古かったのが、同年5月に設立された大日本印刷(東京都)で、現在では世界最大規模の総合印刷会社に成長している。このほかでは、東芝(1904年設立)、出光興産、ヱスビー食品、花王、クラリオン(1940年設立)など、業界を代表する企業も目立っている。

 企業の規模別に見ると、売上高別は1億円以上5億円未満の法人が全体の34.7%、従業員数別では5人未満が39.1%だった。売上高のトップは、総合電機メーカーの東芝で3兆2756億円。次いで出光興産の3兆2756億円、日本アクセスの1兆2782億円、大日本印刷の1兆764億円と続いた。

 辰年の設立年別では、1988年の3万1415社が最も多く、全体の32.2%を占めた。この年は、1986年12月から51カ月続いた「バブル期」にあり、株式市場や不動産市場に資金が流入し、景気拡大とともに多くの企業が設立されている。

 今年を振り返ると、国内では東日本大震災があり日本に大きな試練が訪れた。一方、世界でも欧州の財政危機などさまざまな混乱が生じた。そんな混沌とする中、来年は「辰年生まれ」の法人の活躍に期待したい。


(サイトウ イサム 、 加藤 秀行)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111223-00000001-sh_mon-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。