印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

<電子書籍>「出版デジタル機構」に産業革新機構が出資



 電子書籍の普及促進のため、大手出版社が作る新会社「出版デジタル機構」に、官民ファンドの産業革新機構が出資することが決まった。出資額は、総額170億円のうち最大150億円。29日、社長に就任する植村八潮・東京電機大出版局長らが東京都内で記者会見し、発表した。
【写真で見る】ソニー電子書籍端末「Reader」に3G回線とWi−Fi付きモデル
 産業革新機構は約9割を国が出資し、成長の期待される新規事業に投資する会社。出版デジタル機構のサービスによって、電子書籍市場の拡大が見込めるとしている。

 出版デジタル機構は、講談社、小学館、文芸春秋、集英社、角川書店、大日本印刷、凸版印刷などが出資し、4月2日に設立。サービス名を「パブリッジ」とし、参加出版社の書籍の電子化や、電子書店への配信、著作権者への収益分配などを支援する。中小出版社らが参加しやすい「公的基盤」(植村氏)づくりを目指す。

 同社には28日時点で出版社274社が参加を表明。5年間で100万点を電子化することで、一気に市場規模を拡大したい構えだ。植村氏は「すべての電子書籍端末と、すべての書店・出版社を結ぶ懸け橋になりたい」と話した。【高橋咲子】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120329-00000091-mai-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。