印刷会社で働く2代目社長の次世代印刷ブログ

印刷業界における次世代の技術や印刷手法、製本印刷・カラーコピー・オンデマンド印刷など、新しい印刷のニュースを取上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アプリ作成は“テンプレ”で意外と簡単!



★Trend 素人が[スマホアプリ開発]で儲ける方法

 なにやら夢がありそうなスマホアプリの開発だが、「プログラミングとか全然わからないし、自分には関係ない」なんて人も多いだろう。だが、世の中には「テンプレートアプリ」というものが存在する。例えば、Androidアプリでは、プログラミング知識不要で、動画アプリ、アナログ時計ウィジェット、フォトアルバム、目覚まし時計などを自動作成できるサービス「ドロクリ」(http://dorokuri.com/)が話題。有料(1000円)で、作成したアプリをAndroidマーケットでも販売できるようになる。

 こうしたアプリは、アメリカでは「クッキーカッター・アプリ」(クッキーの型で抜いたように形が定まっているアプリ)と呼ばれ、一時は貧弱なコンテンツでアプリの体を成していないものも出回ったため、さすがに粗悪なアプリは審査を通らなくなったが、内容とアイデア次第では、十分に「素人がヒットを狙い得るジャンル」と言える。

 孫良氏も「テンプレートというのは、ほぼ改変できないということなので、それだと『素晴らしいユーザー体験を担保できるのか?』という点に少し疑問が残ります」と前置きしつつ、「とはいえ、基本的にテンプレートになりやすいジャンルというのもあり、書籍や写真集などは、優れた仕様になっていればテンプレートでも問題ないかと思いますね。私も〈ニュース〉ジャンルでテンプレートに近い事業をやっていたりします」と話す。

 孫氏はこれまでに、独自のニュースアプリプラットフォームである「NEWS AGENT」をカスタマイズしたニュースアプリを多数リリースしているが、人気サイトをアプリ化した「虚構新聞」「面白ニュースの秒刊マンデー」は、いずれもAppStoreで「総合1位」を記録している。

 そんな優良コンテンツが手元にあれば苦労しない……なんて嘆くなかれ。儲けのタネはどこに転がっているかわからない。

 「日本のとあるケータイコンテンツメーカーに、インドの会社から〈美少年コンテンツ〉を作ってほしいというリクエストが来たという話を聞きましたよ。『美人時計』の美少年版みたいな(笑)。慣習上、インドでは性的に抑圧された女子が多いので、BL的コンテンツがひそかな人気らしいんですね。スマホアプリというのはボーダーレスに海外でも売られるわけですから、その点に目をつければ、儲けのネタは人が思う以上にたくさん転がっているはず」(柿崎氏)

 電子書籍や写真集の有料アプリを、Facebookなどで友人知人に宣伝して買ってもらい、手軽な自費出版のように小遣いを稼いでいる人もいるとか。

 「『電子書籍をフリマで対面販売する』というイベントがあったんですが、一日で5000冊以上も売れたんですよ。大手電子書店に置いてもらうのはムリでも、ターゲットを身近な人々に絞れば、自作のコンテンツを“売る”ことは十分に可能なんです」(同)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120123-00000501-sspa-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



PageTop

米国人のデジタル端末所有率が倍増、年末商戦で29%に=米調査



[23日 ロイター] 米アップルのタブレット型端末「iPad(アイパッド)」や、米アマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「キンドル」などのデジタル端末を所有する米国人が、昨年の年末商戦以来、ほぼ倍増していることが23日に発表された調査で明らかになった。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターの「Pew Internet and American Life Project」は、昨年11─12月に16歳以上の米国人2986人と、今年1月に成人約2000人を対象に調査を実施。

それによると、1月の調査で電子書籍端末を所有していると答えた人は19%で、12月の10%からほぼ倍増したことが分かった。タブレット端末に関する質問でも、同様の結果が得られたという。

この結果、タブレット端末か電子書籍端末の少なくとも1つを所有する割合は18%から29%に増加。高学歴・高収入層の所有率が高いことも明らかになった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000058-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



PageTop

東芝が電子書籍端末 7型カラー液晶を搭載



 東芝は26日、カラー液晶画面による電子書籍端末「BookPlace(ブックプレイス)DB50」を2月10日に発売すると発表した。無線LANでインターネットに接続できる機能を搭載したほか、ウェブサイトの閲覧中にボタン1つで読みかけのページに戻れる機能も備えた。

 液晶は7型でタッチパネル操作に対応し、文字の大きさや画面の明るさが指先を使った直感操作で調整できる。

 電子書籍コンテンツは、ブックライブ(東京都台東区)と組み、配信を受けて購入できるようにした。端末には小説なら6000冊を収納可能。想定価格は2万2000円。5000円分の書籍購入ポイントをセットにした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000540-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



PageTop

東芝、配信サービスで囲い込み 電子書籍専用端末を来月発売



 東芝は26日、同社初の本格的な電子書籍端末を2月10日に発売すると発表した。カラー液晶やインターネット接続機能を搭載する一方、5000円分の電子書籍を購入できるポイントをセットにするなど割安感を前面に出した。東芝は電子書籍の閲覧が可能な携帯電話端末やタブレット端末は販売しているが、本格的な専用端末の発売は今回が初めて。国内の電子書籍市場が拡大の兆しを見せ、ソニーなどの製品投入が相次ぐ中で、配信サービスと端末の両面から消費者を囲い込み、市場をリードする構えだ。

 発売する「BookPlace(ブックプレイス)DB50」は、7型のカラー液晶や無線LANでインターネットに接続できる機能を搭載。ウェブサイトの閲覧中にボタン一つで読みかけのページに戻れる機能も備えた。液晶はタッチパネル操作に対応し、文字の大きさや画面の明るさが指先を使った直感操作で調整できる。大きさは縦190×横120×厚さ11ミリで、重さは330グラム。

 電子書籍コンテンツ(情報の内容)は、東芝がブックライブ(東京都台東区)と提供している配信サービス「ブックプレイスストア」のみで購入できる。端末には小説なら6000冊を収納可能だ。

 電子書籍端末は、米アマゾン・ドットコムが米国で最低79ドル(約6140円)の「キンドル」を販売。日本市場への参入も検討している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000008-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



PageTop

東芝が電子書籍に本格参入、2万2000円の7型カラー液晶端末発売



 東芝は2012年1月26日、電子書籍端末「BookPlace(ブックプレイス) DB50」を2月10日に発売すると発表した。価格は2万2000円前後の見込み。ソニー、パナソニック、シャープなどが既に電子書籍端末を発売しているが、国内メーカー製としては低価格な専用端末を投入して電子書籍市場に本格参入する。米アマゾンやアップルなどの海外勢の国内参入も予想されており、同市場の競争が激化しそうだ。
【詳細画像または表】
 昨年4月にAndroidタブレットやパソコン向けに電子書籍を販売する「BookPlaceストア」を立ち上げ、コンテンツの拡充に努めてきた。同ストアは凸版印刷グループのBookLive! がコンテンツを提供しており、2012年1月時点で5万冊まで取り扱う本の種類を増やしてきた。今年度末に10万冊まで拡大する予定だ。BookPlace DB50は、BookPlaceストアからコンテンツをダウンロードして利用する。

 7型カラー液晶を搭載し、書籍だけでなくカラーの雑誌も閲覧できる。Linuxをベースにした独自のOSで、電子書籍に特化したタブレット型の端末だ。画面下の「ホームボタン」を押すと、どの画面を表示していてもトップ画面(ホーム)である書棚に戻れる。上部の「コンティニューボタン」を押すと、直前まで読みかけたページをすぐに呼び出せるなど。1つ前のページに戻れる「バックボタン」などもある。独自の音声合成技術を用いた音声読み上げ機能も備え、画面を見なくても読書できる。

 記憶容量は8GB。小説なら約6000冊、コミックなら約150巻保存して持ち歩ける。重さは約330g、厚さは11mm。バッテリー駆動時間は最大約7.5時間。無線LANを搭載しているのでインターネットやメールも利用できる。購入者特典としてBookPlaceストアで利用できる5000円分のポイントを付ける。

電子書籍の認知度を高めるための専用機

 東芝デジタルプロダクツ&サービス社のデジタルプロダクツ&サービス第一事業部の長嶋忠浩事業部長は、電子書籍の普及拡大のポイントとして、コンテンツの数量、端末の価格、使いやすさと読みやすさの3点をあげる。

 BookPlace DB50は、7型のカラー液晶とインターネット閲覧に対応しながら2万2000円前後という安さが特徴だ。「5000円分のポイントが付くので実質1万7000円前後」と価格には自信を見せる。使い勝手では、電子書籍に特化した操作系とユーザーインターフェースで汎用端末よりも読書しやすいように配慮した。同じ7型のカラー液晶を搭載する汎用タブレットより軽量なのも特徴だ。コンテンツ数は年度末までに大手書店並みの10万冊をそろえる予定だ。

 スマートフォンや汎用タブレットに比べると、電子書籍専用の端末の市場での存在感は低い。長嶋氏も中長期的には汎用タブレットの方が市場は伸びると見ているが、「一般層の認知度を高めるために今は専用機が大切になる」と電子書籍に特化したBookPlace DB50が重要であるとした。2015年にBookLive!の会員数を150万人、端末とコンテンツを合わせた売り上げ400億円を目指す。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120127-00000007-trendy-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。